カウンター すぽをたマン 秋葉原文化祭
プロフィール

トト

Author:トト
メイン活動はpixiv・twitterです
主にサークル情報等のおしらせです

連絡は最新記事のコメントか
spowotaman☆hotmail.co.jp(☆を@に変えて下さい)
まで

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

すぽをたマン

トトのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉原文化祭

4月16日 秋葉原文化祭参加してきました!

僕のお気にいりサークルの君の美術館さんが出演されるとのことで
頑張って若い整理券番号のチケットを入手してこの日を待ちわびていました


そして意気揚々と秋葉原に向かったわけなんですが・・・
ここで色々と気になったわけです


喜多村英梨さん、水野愛日さんと続けてライブを行ったのですが
水野愛日さんが歌い終わった途端
ライブ中にも関わらず最前列に居た僕の目の前数人のグループが帰っていくではありませんか!


え?まだライブ途中だよ?

なに?他の人はどうでもいいって?

そういえばあんたたち最初っからろくに歌聞いてなかったよね
合いの手どころか歌ってる最中しょっちゅう携帯見てたし
キタエリが出てきた途端に急に元気になって
目当ての人が終わったらあとはどうでもいいって?

それってめちゃくちゃ失礼じゃない?

興味ないとしても歌聞こうよ!
みんなこの日のために何日もリハしてきてるんだよ?

たとえ知らないバンドでもできる限り
合いの手や掛け声で盛り上げるのが
聞き手の義務ってもんじゃないのかな

合同ライブってそういうもんでしょ?


実際僕も今回のライブは完全に君の美術館目当てで来てたから
他のアーティストさんは
名前はなんとなく聞いたことあるけど歌は・・・って感じでしたよ

でも参加されたアーティストさん皆さん素晴らしかったので
出来る限り叫びましたよ。手拍子しましたよ。PPPHしましたよ。

リズムに合わせて手拍子ぐらい誰でもできることじゃないですか

きっと演奏者側から見てもわかると思うんですよ
「ああ、みんなで手拍子してノッてくれてる!」って



ライブの考え方は人それぞれでしょうから
別にそんなことしなくてもって思う人もいるかと思います

でも僕はライブに参加する限りは
知らない歌でもどうにか頑張って手拍子して盛り上げようと思うわけです


ということで明日の秋葉原文化祭2日目も
頑張って盛り上げていこうと思います!









まぁ最前列の人たちが帰ってくれたおかげで僕は君の美術館を最前列で見れたわけなんですけどね^q^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://spowotaman.blog129.fc2.com/tb.php/31-9debfc59

HOME
広告:まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。